トップページ > 最新情報(ブログ)
最新情報
【終了】【関連イベント】ウィングス京都映画祭~枠を超えて~
主催/公益財団法人 京都市男女共同参画推進協会 協力/京都みなみ会館

ウィングス京都開館20周年記念事業 ウィングス京都映画祭~枠を超えて~公式サイト

プログラム3 11/16(日) 13:00- 『わたしはロランス』上映後、ゲスト・トークがございます。
渡辺 真起子(わたなべ・まきこ/女優)

1968年東京生まれ。86年よりモデルを始め、TVCM、雑誌、ファッションショーなど幅広く活動。『バカヤロー!私、怒ってます』(88)で 映画初出演。以来、映画、舞台、TVドラマなどに出演、俳優として幅広く活躍する。代表作に『M/OTHER』(99)、『愛の予感』(07)、『愛のむきだし』(08)、『ヒミズ』(11)、『チチを撮りに』(13)、『2つ目の窓』(14)。テレビドラマでは「最後から二番目の恋/続・最後から二番目の恋」(CX/12、14)、『まほろ駅前番外地』(TX/13)など。

坂本安美(さかもと・あび/アンスティチュ・フランセ東京映画プログラムディレクター)

アンスティチュ・フランセ東京映画プログラム担当。『カイエ・デュ・シネマ・ジャポン』誌元編集委員。1996年より旧東京日仏学院にて映画上映の企画・運営を担当。フランスから様々な監督、俳優、映画批評家らを招聘し、映画作品とその上映、そして批評との関係をめぐる野心的な企画をオーガナイズし続けている。2012年にはロカルノ国際映画祭にてOpera Prima(新人部門)の審査員、2014年のカンヌ国際映画祭では「批評家週間短編作品部門」の審査員を務めた。

司 会: 松井 宏(まつい・ひろし/映画批評家)

1980年生まれ。映画批評、翻訳。雑誌「nobody」元編集委員。訳書に『エクスペリメンタル・ミュージック~実験音楽ディスクガイド』(共訳)、『モンテ・ヘルマン語る~悪魔を憐れむ詩』など。映画『Playback』(三宅唱監督)のプロデューサー。

お申し込みはコチラより

ページの先頭へ