トップページ > 最新情報(ブログ)
最新情報
【終了】【舞台挨拶あり】11/24(月・祝)公開『竜宮、暁のきみ』

『竜宮、暁のきみ』

11/24(月・祝)~

11/24(月・祝)16:45-回の上映後に

青木克齊監督による、舞台挨拶がございます!

 

 連日、香川県の特産品をご入場様にプレゼント!!
うどん県パスポートや、えびせん他、お楽しみに!
初日24(月・祝)は、抽選でペア一組様に高松マリーナサンセットクルーズがプレゼント! 

夜明けは、いつかやってくる。
一歩前へ踏み出すための新しい浦島太郎のものがたり –

 

浦島伝説にちなんだ地名や遺跡などが数多く残されている荘内半島(三豊市詫間町)。 海と山に囲まれた自然豊かなロケーションは、まさにおとぎ話の世界であり、幻想的な雰囲気とどこか懐かしい空気感を漂わせている。舞台の中心となった鴨の越の浜辺は、浦島太郎が亀を助けたと言われる場所で、 その沖に浮かぶ小さな島には浦島神社がある。干潮になると海底の道が現れ、浦島神社へと歩いて渡ることができる。澄んだ空。碧い海。美しい砂浜。生命力溢れる緑。
伝説の世界観と見事に溶け合って、現代版・浦島太郎の物語をゆったりと盛り上げる。

ストーリー
一年前の夏。東京の大学に通う浦浜太郎は、故郷の香川に帰省した。親友・浪越正彦との再会を喜ぶ太郎だったが、遊びに来た鴨の越の海で溺れ、助けようとした正彦が命を落としてしまう。 そして、また夏が来て…。心に大きな傷を負った太郎は、ぼんやりと無駄な毎日を過ごしている。正彦の墓参りをすることも出来ず、太郎を励ます友人・三好恭平の慰めも耳に入らない。喪失感と罪悪感から自分の殻に閉じ籠り続ける太郎の前に、一人の不思議な少女・乙武みずきが現れる。
(C) 2014「竜宮」製作委員会
公式サイト 
2014年/日本/94分
脚本・監督:青木克齊 音楽:tonari session’s feat.曽我部恵一
出演:石田法嗣/谷内里早/松本明子/小林ユウキチ/落合モトキ/讃岐源之丞保存会

11/24(月・祝)16:45-回上映後、舞台挨拶

脚本・監督:青木克齊
1980年7月3日生まれ。千葉県出身。
日本大学芸術学部映画学科卒業。2005年よりフリーの助監督として活動し、映画を中心にテレビドラマのほか、自主映画からCMやPVまで様々な現場に携わる。主に佐々部清監督、瀧本智行監督に師事し、2012年には山田洋次監督「東京家族」に参加。その他の主な参加作品は佐々部清監督「三本木農業高校馬術部」、瀧本智行監督「スープ・オペラ」「星守る犬」、石井克人監督「SMUGGLER」、冨永昌敬監督「パンドラの匣」、入江悠監督「SRサイタマノラッパー」など。本作は、さぬき映画祭の企画募集に応募した「竜宮」を元に、脚本と監督を担当。自身初の長編作品として、自主製作でありながらも大きな挑戦を果たした。

前売り鑑賞券¥1,000当館窓口にて販売中!
 竜宮オリジナルうちわ付き!

当日一般1,800円/学生1,500円/シニア1,100円/会員1,200円

ページの先頭へ