トップページ > 最新情報(ブログ)
最新情報
【終了】【舞台挨拶あり】1/27(土)公開!『劇場版 シネマ狂想曲 名古屋映画館革命』



2018/1/27 (土) 公開!

 

 

 

名古屋を映画でいちばんアツい都市に―
映画にかけた男の生きざま

劇場版 シネマ狂想曲

名古屋映画館革命


 

《来館決定!》


〈登壇者〉
◆2/2(金) 20:40-回上映後
坪井篤史さん(名古屋・シネマスコーレ副支配人) 

辻凪子さん(女優・映画監督)

阪元裕吾さん(映画監督)

大浦奈都子さん(シネマスコーレスタッフ)

 

◆2/1(木)20:40-回上映後【終了】
坪井篤史さん(名古屋・シネマスコーレ副支配人) 
森裕介さん(アメカル映画祭主宰、某シネコン支配人)※2/1(木)のみ登壇

 

★坪井篤史
映画を愛するゆえに、シネコンではなく映画のことだけに集中できるミニシアターで働く坪井氏。彼は“名古屋を映画で一番熱い地にしたい”と考え、“名古屋映画館革命”という野望を企てている。
彼は映画館革命を成し遂げるため、映画の上映は一切せずに彼のトークだけで進行する「アメカル」と銘打つ映画祭を15年間続けてきた。
また、今では生産されていないVHS映画を買い集め、アパートの1室におよそ7000本以上を溜め込んでおり、その部屋の眺めは圧巻!

そんな坪井氏が働くシネマスコーレは、手書きのポスターを作ったり、映画にちなんだオリジナルフードメニューの提供など、映画とそれに携わる人々を温かく支えている。だからこそ多くの映画監督達から愛され、「シネマスコーレで何か面白いことがやりたい」といった監督達からのオファーが引きもきらない。
 

__________________________________________________________________________________________

 

『劇場版 シネマ狂想曲 名古屋映画館革命』

2017年/日本/ドキュメンタリー/65分
配給・製作:メ~テレ
監督:樋口智彦 / ナレーション:竹中直人
©2017cinema skhole All Rights Reserved.

 

 

この男がいるから、おもしろいことが起きている!

メ〜テレ(名古屋テレビ放送)が制作し、
2017年2月に放送したドキュメンタリー番組「シネマ狂想曲〜名古屋映画館革命〜」。
愛知県名古屋市のミニシアター「シネマスコーレ」の副支配人・坪井篤史氏に密着し、
彼の異常なまでの映画への執念とその生き様を追った異色のドキュメンタリーが未公開シーンを加え「劇場版」に。
怒涛の1時間!
この男から溢れだす映画愛を直視せよ……!

 

 

 
 
     

鑑賞料金 

一般/1,800円 学生/1,000円 シニア/1,100円 
月曜マン・デイ/男性のお客様 1,100円
火曜ペア割引き(男女問わず お二人で)/2,200円
水曜レディース・サービス1,100円

 
 

ページの先頭へ