トップページ > 最新情報(ブログ)
最新情報

最新情報カテゴリー 12月, 2011

2011.12.5 更新のお知らせ

  
前売一覧ページに
「ラブ&ドラッグ」前売特典のポストカード、
「ロンドン・ブルバード」の前売特典ポストカード、
「GOMORA」の前売り券を掲載しました。

2011.11.28 更新のお知らせ

前売り一覧ページ「ワンヴォイス」の前売特典ポストカードを掲載

 

「ちづる」「天安艦沈没」「ラブ&ドラッグ」「京都怪獣映画祭ナイト」の前売券を掲載しました。

【終了】「見えないほどの遠くの空を」ゲストトーク!

11/25(金) 14:10の回上映終了後
片岡大樹さん(月世界旅行社代表)
ゲストトーク!

京都を拠点に活動する映画製作上映集団、月世界旅行社。その代表を務める片岡大樹さんに
お越しいただき、京都における自主制作映画の現状とその動向などについてお伺い!
自主制作映画に携わる方、また自主制作映画に興味を持たれる方、是非是非この機会に足を
お運び下さいませ!

月世界旅行社HP→ http://gessekai-ryokousya.com/

“【終了】セルジュ・フォー・エヴァー”~わたしたちのミューズ、バーキン~

111020gara-21.jpg 111020j.jpg

「ガラスの墓標」11/26(土) – 12/2(金)
「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」12/3(土) – 9(金)

今年、没後20年を迎えたフランスを代表する天才アーティストにして伊達
男、セルジュ・ゲンスブール。メモリアル・イヤーとなった2011年の最後に、
<セルジュ・フォー・エヴァー>と題したセルジュ・ゲンスブール特集in京都
の開催が決定いたしました!当館の他、京都シネマ、関西日仏学館、
fllowing KARASUMAの全4箇所にまたがって、セルジュ・ゲンスブール
関連イベントが行われます。

当館では、ジェーン・バーキン来日記念*としまして、「ガラスの墓標」
「ジュ・テーム・モワ・ノン・プリュ」の2作品を上映いたします。
(*11/25、東京国際フォーラムにて公演がございます。)

※11/2 追記※
「ガラスの墓標」11/26(土)18:30の回上映後に、サエキけんぞうさんのトーク
&ライブが決定いたしました!


↑クリックで拡大

●サエキけんぞうさん関連イベントのお知らせ●

『ロックとメディア社会』出版記念イベント
-特別講義“今、リアルに語ろう『ロックとメディア社会』”

メディア社会は一寸先に何が起こるかわからない?!そのノー・フューチャーな
性質を、ロック、ポップスの歴史から解き明かす。エルヴィス、ビートルズ、
ヒップ・ホップからアイドル、アニメまで…セルジュ・ゲンスブール特集in京都
との連動企画として、ロックの現場と「リアル」に向き合って生まれた新しい
“社会”の読み方をサエキけんぞうさんに熱く語って頂きます。
【日程】2011年11月26日(土) 開場13:45/開講14:00 (15:30頃終了予定)
【場所】kara-S STUDIO(京都シネマ隣)
【料金】1,000円 ※定員50名
【予約】info@filmjp.com

 

続きを読む

11/28(月)以降の「ガラスの墓標」上映について

本日11/28(月)より、「ガラスの墓標」は通常通り上映致します。

今回のトラブルの原因は、映写機の電気系統の異常によるもので、
先ほど復旧作業が完了致しました。

今回の件に関しまして、対応に時間が掛かりましたこと、
それによって、11/27(日)鑑賞を楽しみにお越し頂きましたお客様には、
貴重なお時間を奪う事となり、大変ご迷惑をお掛け致しましたことを、
改めてお詫び申し上げます。
誠に申し訳ございませんでした。

2011.11.21 更新のお知らせ

上映作品ページ「ザ・ウォール」「人喰猪、公民館襲撃す!」
「エイリアン・ビキニの侵略」「ワン・ビン傑作選」
を掲載しました。

111120zin.jpg 111120the.jpg 111120eiri.jpg

グラウベル・ローシャ・ベスト・セレクション

110518.jpeg11月19日 (土) ~ 30日 (水)

灼熱のカオスと静かなる狂気。
すべては太陽によって引き起こされた残酷なファン
タジーなのか。
ゴダールに「もっとも新しい映画監督の一人」と称さ
れ、ブラジルのシネマ・ノーヴォの誕生を世界に告
げた男、グラウベル・ローシャ
日本初公開3作を含む代表作5作を一挙に上映!
【料金】 当日一般:1,700円 学生:1,400円 会員:1,200円・シニア1,000円

 

続きを読む

« 前ページへ

ページの先頭へ