トップページ > 最新情報(ブログ)
最新情報

最新情報カテゴリー 9月, 2012

2012.10.4 更新のお知らせ

上映作品ページに以下の作品を掲載しました。

「ゴッド・ブレス・アメリカ」 「ハーフ・デイズ」
   
『テオ・アンゲロプロス特集』 『変態(メタモルフォーゼ)
アニメーションオールナイト』
 
「放射能を浴びた[X年後]」 「ゾンビ革命」
 
「ヴィーナス・イン・エロス
 天使たちの詩歌(うた)」
「究竟(くっきょう)の地
岩崎鬼剣舞(おにけんばい)の一年」
 
「木村栄文レトロスぺクティブ」 「聴こえてる、ふりをしただけ」

 

 

前売り・先着一覧ページに以下の作品の前売り券を掲載しました。

 

『変態(メタモルフォーゼ)アニメーションオールナイト』
「聞こえてる、ふりをしただけ」

4コマ「センチメンタルみなみ」 ◇映画「センチメンタルヤスコ」より


「センチメンタルヤスコ」公式サイト>>

【終了】9/22(土)『ギリギリの女たち』舞台挨拶決定!

9/22(土)『ギリギリの女たち』
18:20の回上映終了後

小林政広監督舞台挨拶決定!

9/22(土)~10/5(金)

『ギリギリの女たち』

2011年/日本/101分/ブラウニー/DV

監督:小林政広

出演:渡辺真起子/中村優子/藤真美穂

ギリギリの3姉妹が愛を叫ぶ―

2011年の夏。震災の傷跡が残る気仙沼市唐桑町にある一軒家。震災を機に、ダンサーの長女がニューヨークから、結婚をして実家を離れた次女が東京から、15年ぶりに帰ってくる。姉達に取り残され、一人で家を守り続けてきた三女は、突然戻ってきた身勝手な姉達に対して、ため込んでいた怒りを爆発させる。傷つき合いながら、徐々に互いの気持ちを吐き出し、やがて彼女達の心に変化が訪れる…。実力派女優3人のみにスポットを当て、意欲ある演出で撮りあげた本作は、全編をわずか28カットという、実験的かつ大胆な手法で構成されている。映画始まってすぐの、ワンカット35分間の長回しは必見。泣いて、笑って、喧嘩したら、再び立ち上がれる。これは今を強く生きている女たちの“愛の叫び”だ。


【料金】

一般¥1800/学生¥1500/会員¥1200

※お得な前売り鑑賞券¥1300、当館受付にて発売中!

【終了】9/22(土)『彼女について知ることのすべて』舞台挨拶決定!

9/22(土)『彼女について知ることのすべて』
20:35の回上映終了後

主演:三浦誠己さん舞台挨拶決定!

9/22(土)– 28(金)

『彼女について知ることのすべて』

2012年/日本/105分/キングレコード、太秦/DV

監督・脚本:井土紀州

出演:笹峯愛/三浦誠己/パク・ソヒ/赤澤ムック/長宗我部陽子
何不自由ない平凡な暮らしを送り、同僚の美千代との結婚も考えていた教師の鵜川の前に、美千代の学生時代の後輩メイが現れる。美千代はメイに対して嫌悪感をあらわにするが、鵜川はメイに興味を抱く。しかし、何もかもが美千代とは正反対で、暗い影が付きまとい謎めいたメイにひかれたことから、鵜川の日常は狂い始め─ある夜、銃を手に車を走らせるのだった。カルト作「ラザロ LAZARUS」を生み出した井土紀州のエロス・ノワール。


【料金】

一般¥1800/学生¥1500/会員¥1200

※お得な前売り鑑賞券¥1500、当館受付にて発売中!

【終了】9/22(土)《『Playback』完成記念オールナイト上映“Playback THE NIGHT”》

9/22(土) オールナイト上映
《『Playback』完成記念オールナイト上映“Playback THE NIGHT”》

 三宅唱(監督)×村上淳(主演)×大橋トリオ(主題歌)!第65回ロカルノ国際映画祭インターナショナル・コンペティション部門正式出品!映画『Playback』の公開に先駆け、関西プレミア上映を含む完成記念イベントを9/21(金)~9/23(日)の三日間に亘り開催致します!

当館では、『Playback』の出演者が登場する作品『人間の屑』『PASSION』『海炭市叙景』の3作品を一挙上映!加えて、『Playback』メイキング映像や豪華ゲストを迎えてのトークもございます!
豪華ゲストの来館も決定!関西プレミア上映前にぜひとも観ておきたい作品の数々をぜひオールナイトでお楽しみください。

 ゲスト:村上淳さん(俳優)/三宅唱さん(『Playback』監督)/松井宏さん(プロデューサー、nobody)/DOOM!

【タイムテーブル】
22:50- 開場
23:00- 『人間の屑』 ※上映終了後、ゲストトーク
2:10-  『PASSION』
4:20-  『海炭市叙景』
6:55  終了予定

【上映作品】


『人間の屑』
2001年/日本/90分/WOWOW
監督:中嶋竹彦 原作:町田康
出演:村上淳/夏生ゆうな/佐伯日菜子/鰐淵晴子/細川徹/佐藤久順/湯山ともを/福原大介
パンク歌手にして芥川賞作家の町田康の同名小説を映画化したどうしようもないダメ男の物語。主演は「ナビィの恋」 の村上淳。元パンクロッカーの坂本清十郎はまじめに自活することを決意して東京へ舞い戻る。一時は人気も出て周り にチヤホヤされたたりもした清十郎だが、いまは見る影もない。結局今度も最初の決意はどこへやら、偶然出あった元 ファンの女の子の家に住み着き、彼女が妊娠したと知ったらさっさと逃げ出してしまい・・・。

『PASSION』
2008年/日本/115分/東京芸術大学
監督:濱口竜介
出演:河井青葉/岡本竜汰/占部房子/岡部尚/渋川清彦/村上淳
濱口竜介の名を世界に知らしめた記念碑的作品。5人の男女の恋愛感情が複雑・微妙にもつれ合い、ほんのわずかのき っかけで激しく変化する様が、緻密に構成された脚本と周到でねばり強い演出の下に、繊細に、かつエモーショナルに 描かれる。そして緻密さと周到さに支えられ、偶然を超えた次元で、今や伝説となった映画の奇跡が訪れる。

『海炭市叙景』
2010年/日本/152分/スローラーナー
監督:熊切和嘉
出演:谷村美月/竹原ピストル/加瀬亮/三浦誠己/山中崇/南果歩
北海道函館市出身で90年に自ら命を絶った小説家、佐藤泰志の未完の連作短編集を、函館市民が中心となって映画化し たヒューマン・ドラマ。原作から5編をセレクトし、函館市をモデルにした“海炭市”を舞台に、そこに生きる市井の 人々の人生模様をオムニバスタッチで綴ってゆく。監督は自身も北海道出身、「ノン子36歳 (家事手伝い)」の熊切 和嘉。

 【料金】
当日一般 2,500円、学生・京都シネマ会員・当館会員2,200円
整理番号付前売券 2,000円 ※前売り券販売開始致しました!

【販売場所】
みなみ会館…販売中

京都シネマ…販売中
http://www.kyotocinema.jp/

カフェパラン…販売中
(千本御池上ル)
http://www.facebook.com/phalamara

Book fabulous…販売中
(三条東洞院東入ル プラザコラムビル401)
http://d.hatena.ne.jp/fabulous69/

ガケ書房…販売中
(白川今出川上ル350m東側)
http://www.h7.dion.ne.jp/~gakegake/map_set.htm

チケットぴあ…※販売中 Pコード 550-293

※ぴあチケットをお持ちのお客様は、上記販売場所でチケットをお求めのお客様の次にご入場となります。 また、チケットぴあの前売券取扱終了日は9/21(金)を予定しておりますが、定員になり次第、販売を終了させていただきます。予め、ご了承下さいませ。

☆ オールナイトに関するお問い合わせは、京都みなみ会館まで  TEL:075-661-3993

 

*********************************************************************************************************

 

京都シネマにて『playback』完成記念イベント開催!

映画『Playback』のロードショーに先駆け、京都シネマにて関西プレミア上映を含む完成記念イベントの開催が決定!村上淳や加瀬亮など、映画をこよなく愛する俳優たちをも唸らせた三宅唱監督の処女長編『やくたたず』(10)も京都初上映!また、『Playback』の主題歌を担当し、ニューアルバム「White」の発売を控えた大橋トリオが大橋好規の名義で音楽を手掛けた柿本ケンサク監督2作品も京都初上映!


 【9/22(土)】
大橋好規(大橋トリオ)二つの映画音楽
 
16:30~『colors』(2005年/DVCAM/111分/カラー)
監督・脚本:柿本ケンサク 音楽:大橋好規 主題歌:大橋トリオ「colors」
出演:村上淳/渡辺真起子/山本浩司/光石研/松岡俊介/高野八誠/目黒真希
 
19:00~『バウムクーヘン』(2006年/DVCAM/120分/カラー)
監督・脚本:柿本ケンサク 音楽:大橋好規 主題歌:TOKYO No.1 SOUL SET「Jr.」
出演:山本浩司/本多章一/マメ山田/一色紗英/桃生亜希子/今宿麻美/渋川清彦
 
二本立て料金:前売り1,500円 当日2,000円


 【9/23(日)】
三宅唱、モノクロームの世界
 
16:30~『やくたたず』(2010年/HD/75分/モノクロ)
監督・脚本・撮影・編集:三宅唱
出演:柴田貴哉/玉井英棋/山段智昭/櫛野剛一/足立智充/南利雄/片方一予/須田紗妃
 
料金:前売り1,000円 当日1,300円
 
19:00~『Playback』(2012年/35mm/113分/モノクロ)
監督・脚本・編集:三宅唱 主題歌:大橋トリオ「オールドタイム」
出演:村上 淳/渋川清彦/三浦誠己/河井青葉/山本浩司/テイ龍進/渡辺真起子/汐見ゆかり/小林ユウキチ/菅田俊
 
料金:前売り1,500円 当日1,800円
 
チケット販売:京都シネマ、京都みなみ会館、新京極シネラリーベ

4コマ「眠れぬみなみちゃん」 ◇映画「眠れぬ夜の仕事図鑑」より

「眠れぬ夜の仕事図鑑」公式サイト>>

【終了】9/15(土)-21(金)ニュープリント上映!『ナイン・ソウルズ』キャンペーン情報!!

9/15(土)~21(金)「ナイン・ソウルズ」ニュープリント上映!

【「ナイン・ソウルズ」来場者先着プレゼント&抽選プレゼント!

9年ぶりに、伝説の9人がシャバに帰ってくる!
『青い春』『モンスターズクラブ』で観客を魅了し、
 新作『I’M FLASH!』の公開が迫る豊田利晃監督が2003年に発表した『ナイン・ソウルズ』。
その9年ぶりのリバイバル、ニュープリント上映を記念して、当館ではプレゼントと割引のキャンペーンを実施いたします。

「ナイン・ソウルズ」

 2003年/日本/120分/リトルモア、ヨアケ
監督:豊田利晃
出演:原田芳雄/松田龍平/千原浩史(千原ジュニア)/鬼丸/板尾創路/KEE(渋川清彦)/マメ山田/鈴木卓爾/大楽源太(市鏡赫)
 

刑務所からの脱走に成功した9人の男たち。さまざまな想いを抱えながらも、一台のバンに同乗し、大金が隠されている富士山麓の小学校を目指す。旅を続けるうちに、連帯感、充足感、生きる希望を生まれて初めて感じる9人。再び囚われる前に、失ったものを取り戻し、やり残したことへ決着をつけると誓うが…「青い春」「I’M  FLASH!」の豊田利晃監督が2003年に描いた“希望”が、今の我々に問いかける。9年ぶりに蘇った伝説の9人、不滅のソウルを見逃すな!

 

【料金】  一般:1,500円/学生:1,300円/会員:1,000円

《先着!!来場者プレゼント》

◇内容:全16種類キャラクターチラシ・コンプリートセット
(当館にて数量限定で設置された、主要キャスト16人それぞれをクローズアップした16種類のキャラクターチラシのコンプリート・セット

先着50名様にプレゼント!!(※無くなり次第終了致します)

 《抽選者プレゼント》

◇内容:サイン入りB1ポスター

豊田利晃監督、松田龍平さん、千原ジュニアさん、鬼丸さん、板尾創路さん、渋川清彦さん、マメ山田さん、鈴木卓爾さん、市鏡赫さんのサイン入りポスターを、

抽選で1名様にプレゼント!!

(日付は原田芳雄さんの一周忌にあたる2012年7月19日になっております。)

◇公開期間中に「ナイン・ソウルズ」をご鑑賞のお客様に応募用紙を配布致します。

【注意事項】

 ※抽選者プレゼントは、有料鑑賞のお客様を優先して抽選させて頂きます。
※ご応募いただいた個人情報は当館にて厳重に管理し、プレゼント当選のご連絡以外の目的では使用致しません。
※当選の発表は、「ナイン・ソウルズ」上映終了後、当選者の方へのご連絡をもってかえさせていただきます。

《特別割引》

“ナイン・ソウルズ割”… 上映期間中、9人で来館されたらお一人様900円!

“原田芳雄さん月命日割引”…9月19日(水)は皆様1,000円均一!

4コマ「みなみソウルズ」 ◇映画「ナインソウルズ」より


「ナインソウルズ」公式サイト>>

【終了】【特集上映】8/25(土) ~ 9/7(金)“生きつづけるロマンポルノ”

8/25(土) ~9/7(金)
日活創立100周年記念 特別企画
蓮實重彦 山田宏一 山根貞男が選ぶ愛の革命

生きつづけるロマンポルノ

1971年、日活が新たなブランド「日活ロマンポルノ」の製作開始を発表、映画界に一大センセーションを巻き起こした。斜陽期にあった映画業界の中で「映画の火を消さない」ためのチャレンジと大いなる決断だった。当時、既に存在していたピンク映画と違い、伝統のスタジオシステムと一流のスタッフに支えられた若手クリエイターたちが、一定条件を満たせば自由に作れる映画がロマンポルノだった。この現場から多くのプロデューサー、監督、スタッフ、俳優が排出された。路線終了の88年までの17年間に瑞々しいエネルギーに満ちた作品約1,100本が公開され、美しい女性像を描き続けた。リアルタイムで作品に接し、批評し続けてきた蓮實重彦、山田宏一、山根貞男が3名ともに選び抜いた12タイトル(うち7本をニュープリント上映)、『ラブホテル』、28年間もの間封印されてきた曽根中生監督の幻の作品『白昼の女狩り』を一挙上映いたします。

全作品35mmプリント上映 ★印の作品はニュープリントでの上映

【料金】
一般当日/1,500円  学生・会員・シニア/1,000円 3回券/3,600円

【タイムテーブル】

 

【上映作品】

★『㊙女郎市場』
1972年/日本/70分/日活/R18+
監督:曾根中生
脚本:田中陽造
出演:片桐夕子/益富信孝/加納愛子/五條博/あべ聖

江戸、文化大政の頃、純真無垢な、少々頭の足りない女郎を中心に、当時の女郎たちと女衒と楼の風俗を描く。原作は荒木一郎の『風流宿場女郎日記』の映画化。脚本は田中陽造、監督は「怪談牡丹燈籠」の曽根中生、撮影も同作の高村倉太郎がそれぞれ担当。
『㊙色情めす市場』
1974年/日本/83分/日活/ R18+
監督:田中登
脚本:いどあきお
出演:芹明香/花柳幻舟/夢村四郎/岡本彰/宮下順子/萩原朔美
大阪の旧赤線地帯に春をひさぐ売春婦たちの、哀れにもドロドロとした生きざまを描く。脚本は「狂棲時代」のいど・あきお、監督は「真夜中の妖精」の田中登、撮影は「実録桐かおる -にっぽん一のレスビアン-」の安藤庄平がそれぞれ担当。

 

『一条さゆり 濡れた欲情』
1972年/日本/69分/日活/R18+
監督、脚本:神代辰巳
出演:一条さゆり/伊佐山ひろ子/白川和子/粟津號/高橋明

1972年に引退した関西ストリップの女王・一条さゆりと彼女に対抗意識を燃やす新人ストリッパーとのドラマで、劇中一条さゆりのおハコともいうべき“花笠お竜”“緋牡丹お竜”“ローソクショー”などを披露。なお、引退興業で逮捕された上演場面も再現する。脚本・監督「濡れた唇」の神代辰巳、撮影は「白い指の戯れ」の姫田真佐久。

『生贄夫人』
1974年/日本/71分/日活/R18+
監督:小沼勝
脚本:田中陽造
出演:谷ナオミ/東てる美/坂本長利/影山英俊

 

異常なセックスの数々を描写するS・Mシリーズ二作目。脚本は「秘本袖と袖」の田中陽造、監督は「花と蛇」の小沼勝、撮影は「くノ一淫法 百花卍がらみ」の森勝がそれぞれ担当。

『濡れた荒野を走れ』
1973年/日本/73分/日活/R18+
監督:沢田幸弘
脚本:長谷川和彦
出演:地井武男/山科ゆり/川村真樹/井上博一/高橋明/久松洪介

表向きは警察だが裏では強盗団という秘密組織を描き、権力の二面性を鋭く抉った問題作。脚本は長谷川和彦、監督は「反逆の報酬」の沢田幸弘、撮影は「雨の夜の情事」の山崎善弘がそれぞれ担当。

『白い指の戯れ』
1972年/日本/75分/日活/R18+
監督、脚本:村川透
共同脚本:神代辰巳
出演:荒木一郎/伊佐山ひろ子/谷本一/石堂洋子/五條博

「最も危険な遊戯」「野獣死すべし」の村川透の監督デビュー作。日活ロマンポルノながら、アメリカン・ニューシネマの影響を感じさせる浮遊感と哀切を見事に描いた作品として高い評価を受けた青春群像ドラマ。これがデビューとなる伊佐山ひろ子が独特の喋り方をしてなんとも魅力的。19歳のゆきは街で知り合ったばかりの二郎に処女を捧げる。

『恋人たちは濡れた』
1973年/日本/76分/日活/R18+
監督、脚本:神代辰巳
共同脚本:鴨田好史
出演:中川梨絵/絵沢萠子/薊千露/大江徹/堀弘一/清水国雄

 「一条さゆり 濡れた欲情」がヒットした神代辰巳が監督と脚本を担当。他に脚本は鴨田好史も担当している。撮影は姫田真佐久が務めた。故郷に戻った青年の暗い心の内を映し出す青春官能作品。

『花芯の刺青 熟れた壺』
1976年/日本/74分/日活/R18+
監督:小沼勝
脚本: 松岡清治
出演:谷ナオミ/北川たか子/中丸信/花柳幻舟/蟹江敬三/長弘

伝統的で古風な世界に育ってきた女と、ドライで現代的な義理の娘の二人が、一人の男をはさんで織りなす凄艶な肉欲の執念を描く官能篇。脚本は「犯す!」の松岡清治、監督は「犯される」の小沼勝、撮影は「真夏の夜の情事 悶え」の森勝がそれぞれ担当。

『人妻集団暴行致死事件』
1978年/日本/96分/日活/R18+
監督:田中登
原作:長部日出雄
脚本:佐治乾
出演: 室田日出男/黒沢のり子/酒井昭/深見博/古尾谷康雅/志方亜紀子

  目をかけてやっていた若者たちに妻を強姦の末ショック死させられた男の姿を描く。20歳そこそこの青年3人組。何ごとにも中途半端でブラブラしているはみ出し者。ある日、3人は養鶏場から卵を盗み逮捕される。翌日3人は釈放されるが、養鶏場の主・泰造はそんな彼らに昔の自分を思い浮かべ、やがて毎晩のように飲み歩く仲となる……。

『赫い髪の女』
1979年/日本/73分/日活/R18+
監督: 神代辰巳  
原作: 中上健次『赫髪』
脚本: 荒井晴彦   
出演: 宮下順子/阿藤快/亜湖/石橋蓮司/三谷昇/山口美也子

中上健次の小説を神代辰巳監督が映画化したにっかつロマンポルノの名作。ダンプカーを運転する男と道で拾った赫い髪の女との、性愛の日々を描き、閉塞した時代性と男女の性の真髄に迫る。ある日、ダンプカーの運転手・光造は道でカップめんをすする赫い髪の女を拾う。女はそのまま光造の部屋に転がり込み、ふたりは来る日も来る日もひたすらセックスを繰り返す。女は過去を語らず、光造も何も聞かない……。

『おんなの細道 濡れた海峡』
1980年/日本/71分/日活/R18+
監督:武田一成 
原作:田中小実昌 
脚本:田中陽造 
出演: 桐谷夏子/山口美也子/小川恵/三上寛/草薙幸二郎/石橋蓮司/田山涼成

  ストリッパーの女を愛する小心な男と、彼をとりまく女たちを描く。田中小実昌の原作『島子とオレ』と『オホーツク妻』を合せて映画化したもので、脚本は「夢一族ザ・らいばる」の田中陽造、監督は「ひと夏の秘密」の武田一成、撮影は「修道女 黒衣の中のうずき」の前田米造がそれぞれ担当。

『妻たちの性体験 夫の眼の前で、今…』
1980年/日本/69分/日活/R18+
監督:小沼勝
脚本:小水一男
出演:風祭ゆき/高原リカ/佐々木美子/宇南山宏/佐藤秀美/錆堂連/草薙良一

平穏な毎日に飽きたらなくなった夫婦が、異常な刺激を求めていく愛欲の生活を描く。脚本は小水一男、監督は「山の手夫人 性愛の日々」の小沼勝、撮影は「宇能鴻一郎の浮気日記」の森勝がそれぞれ担当。

『ラブホテル』
1985年/日本/88分/日活/R18+
監督:相米慎二  
脚本:石井隆 
出演:速水典子/寺田農/志水季里子/益富信孝/尾美としのり/佐藤浩市/伊武雅刀/木之元亮/萬田久子

石井隆が脚本を担当し相米慎二が監督した、にっかつロマンポルノ。得意の長回しと、BGMに歌謡曲を使用したセンスが光る。妻を犯され人生に絶望した村木は、ホテトル嬢の名美をホテルでいたぶりながら、彼女の魅力に惹かれていた。二年後、タクシーの運転手となった村木は、客として乗ってきた名美と再会する。目的地である海で名美は海中に入っていこうとするが、村木に止められる。名美は会社の上司である太田と不倫関係にあったが、村木には太田というヤクザに脅されていると嘘をつき、自分の写真や履歴書を取り返してほしいと頼んだ。

★【本邦初公開】『白昼の女狩り』
1984年/日本/66分/日活/R18+
監督:曾根中生 
脚本:森下馨
出演:加来見由佳/なぎら健壱/由利ひとみ/織本かおる/深見博

曾根中生監督がメガホンをとりながらお蔵入りしていた幻の作品「白昼の女狩り」(1984)が、初めて劇場公開されることになった。日活創立100周年を記念し行われる「日活ロマンポルノ」特集上映と、消息が途絶えていた曾根監督が昨年、20数年ぶりに公の場に姿を現したことを機に、満を持して公開される。

★『天使のはらわた 赤い教室』
1979年/日本/79分/日活/R18+
監督:曾根中生
出演:水原ゆう紀/蟹江敬三/あきじゅん/水島美奈子/堀礼文/河西健司/草薙良一/佐藤恵子

 週刊ヤングコミックに連載されていた石井隆の「天使のはらわた」が原作。前作の「女高生 天使のはらわた」に続くシリーズの二作目となる。脚本は石井隆と曽根中生の共同執筆で、曽根が監督も務めた。乱暴された現場が映像となったために転落の人生を歩む女を描く。
◆9/4(火)関連イベント開催!!

 

京都の三条通り、高倉通りが交わる辺りにある、Bar、Loki ACADEMICAで開催される名物イベント
【呑みながら講義】にて、“生きつづけるロマンポルノ”公開記念「史料としての風俗文化試論」を行います!

詳細は当館&Loki ACADEMICA HPで近日発表致します!

 

【終了】9/8(土)-21(金)『依頼人』来場者先着プレゼント

9/8(土)-21(金)

「『依頼人』来場者先着プレゼント

Dr.Scholl足のエキスパート『ドクター・ショール』のニオイケアシリーズ
「Deo-Activ(デオ・アクティブ)」のサンプルプレゼント!

※無くなり次第終了致します

 

 

 


  9/8(土) –21(金)

『依頼人』 
2011年/韓国/123分/ファインフィルムズ/DV
監督:ソン・ヨンソン
出演:ハ・ジョンウ/パク・ヒスン/チャン・ヒョク

裁判が終わるまでは、
誰も信じるな…

3人の男たちが“死体なき殺人事件“に挑む
本国で240万人を動員し大ヒットを記録した韓国映画界初の本格法廷サスペンス。死体なき殺人事件に検事、弁護人、被告の3人の男たちが挑む姿を描く。人気俳優ハ・ジョンウ、パク・ヒスン、チャン・ヒョクが従来のイメージを覆す役柄を演じる。また、謎が謎を呼ぶ展開と熱い男の戦いに引き込まれること間違いなしだ。

« 前ページへ次ページへ »

ページの先頭へ