トップページ > 最新情報(ブログ)
最新情報

最新情報カテゴリー 1月, 2017

【終了】デヴィッド・ボウイ一周忌 追悼上映『地球に落ちて来た男』/1/7(土)~20(金)

 

 デヴィッド・ボウイ一周忌 追悼上映
『地球に落ちて来た男』

デヴィッド・ボウイの死を受け、配給会社boidと共に、当館が初めて出 資提供した本作。全国ロードショーからはや数カ月が過ぎ、今回あらため てデヴィッド・ボウイの誕生日である1/8から、命日の1/10にかけて全国 22館の劇場で上映して頂ける事になりました。伝説的スターの映画初 主演作。不老不死のデヴィッド・ボウイを、是非大画面でご覧下さい。

『地球に落ちて来た男』 1/7(土)~20(金)
今はもうないあの場所へ いつの日かわたしはきっと帰るだろう
1976年/イギリス/139分/boid 提供:京都みなみ会館/boid 監督:ニコラス・ローグ

原作:ウォルター・テヴィス 出演:デヴィッド・ボウイ/リップ・トーン/キャンディ・クラーク/バック・ヘンリー/バーニー・ケイシー
ある日宇宙船が地球に落下する。砂漠に降り立った宇宙人は、あまりに美しい容姿を持っていた。その後弁護士のもとを訪れた彼は、人知を超えた9つの特許を元に、巨大企業を作り上げていく。アメリカのかつての大富豪、ハワード・ヒューズなどを思わせる彼の奇妙な暮らしが始まり、彼は全米の注目の的となる。一体彼は何をしようとしているのか? 彼は何者なのか? そんな彼の勢威を恐れる者たちもいた。彼の秘密の計画は思わぬ妨害を受け、彼の暮らしは一気に変わる。果たして彼は、故郷の星に戻ることができるのか…。 
(c)1976 Studiocanal Films Ltd. All rights

鑑賞料金
当日一般1,700円/学生1,400円/会員1,200円
<ボウイ追悼割引>…1/8(日)、10(火) 1,000円均一
スケジュールはコチラより⇒https://archive.kyoto-minamikaikan.jp/schedule

【終了】【オールナイト上映 1/14(土)】北野武監督作品特集ナイト

 

北野武監督作品特集ナイト

2017年1月14日(土)
3本立てオールナイト上映
■日時:1/14(土)■開場/0:15 開始/0:30 翌6:10終了予定 

上映作品
その男、凶暴につき|3 – 4 X 10月|ソナチネ

 

当日券ございます!
お気をつけてお越しくださいませ。

◆整理番号付き前売券 2,600円

★窓口、peatix、チケットぴあ(準備中)にて販売中!

◆当日一般2,800円/学生・会員2,600円

続きを読む

◇4コマ「猫・ゴジラ」◇映画「シン・ゴジラ」より

12/29(木)~1/27(金) 『シン・ゴジラ』

【終了】【特集上映】2017/1/7(土)<キアロスタミ追悼上映>

 キアロスタミ追悼上映 
2017年1月7日より1週間限定上映!
 


2016年7月4日に逝去した、映画史を代表する巨匠アッバス・キアロスタミ監
督。多くの批評家が最高傑作と評する『クローズ・アップ』、キアロスタミの名を世界的にした“ジグザク道3部作”など70 ~ 90年代の作品から、日本で撮影され遺作となった『ライク・サムワン・イン・ラブ』まで一挙に上映します。

配給:ユーロ・スペース 共催:フィルム世界旅行 監督:アッバス・キアロスタミ

【料金】一般:1,500円/1,300円/1,000円 
タイムテーブルはこちら

詩人としてのキアロスタミ

キアロスタミ監督は写真家としても一流の腕前をもち、写真集を出版し、日本でも3度個展を開催しました。また詩をこよなく愛し、多くの詩を書き残したことでも知られています。本特集上映のお客様には、キアロスタミ監督が撮った写真と、日本語に訳した選りすぐりの詩数編をデザインしたポストカードをプレゼントいたします。※無くなり次第配布終了


 

 1/8(日)10:00~、1/13(金)10:00~ 
 

トラベラー
1974年/イラン/72分/モノクロ/35mm
出演:ハッサン・ダラビ/マスード・ザンドベグレー

サッカー好きの少年が試合観たさに、両親や友人などに嘘をつき旅立つ姿を通し誰もが幼き頃に持つ良心の呵責を牧歌的に描いた作品。

 

 

 併映 パンと裏通り
1970年/イラン/11分/モノクロ/35mm
出演:レザ・ハシェミ/メヘディ・シャハヴァンフール

おつかいに行った男の子が大きな犬に遭遇し困ってしまう様子をユーモラスなタッチで描いたキアロスタミの処女短編作品。

 

 1/7(土)10:00~、1/9(月・祝)11:50~、1/10(火)10:00~ 
 

友だちのうちはどこ?
1987年/イラン/85分/35mm
出演:ババク・アハマッドプール/アハマッド・アハマッドプール

友だちのノートを間違って家に持ち帰ってしまった少年が、ノートを返すため友だちの家を探し歩く姿を描く。キアロスタミの名を世界的にした名作。

 

 1/8(日)11:40~、1/10(火)11:40~ 
 

ホームワーク
1989年/イラン/86分/16mm
出演:<シャヒッド・マスミ小学校>の生徒と先生

宿題をテーマに、教育現場の実態に迫ったドキュメンタリー。子供たちの日常やイランの一般家庭の様子を浮かび上がらせていく。

 

 1/8(日)13:25~、1/9(月・祝)10:00~、1/12(木)12:00~ 
 

クローズアップ
1990年/イラン/97分/35mm
出演:ホセイン・サブジアン/モフセン・マフマルバフ

映画を愛するあまり、映画好きの一家を騙してしまった主人公の顛末を描いた傑作。実話に基づき、登場人物は全て本人が演じている。

 

 1/7(土)11:40~、1/11(水)10:00~ 
 

そして人生はつづく
1992年/イラン/91分/35mm
出演:ファルハッド・ケラドマンド/プーヤ・パイヴァール

キアロスタミが、大地震に見舞われた『友だちのうちはどこ?』の撮影地を訪ねた体験をそのまま再現。92年カンヌ国際映画祭ロッセリーニ賞受賞。

 

 1/7(土)13:30~、1/12(木)10:00~ 
 

オリーブの林をぬけて
1994年/イラン/103分/35mm
出演:ホセイン・レザイ/モハマッド=アリ・ケシャヴァーズ

『友だちのうちはどこ?』『そして人生はつづく』に続く“ジグザグ道3部作”の最終章。現実と映画が織り重なった、みずみずしいラブストーリー。

 

 1/9(月・祝)13:25~、1/11(水)11:50~、1/13(金)11:40~ 
 

ライク・サムワン・イン・ラブ
2012年/日本・フランス/109分
出演:奥野匡/高梨臨/加瀬亮

キアロスタミ監督が自身のロマンティシズムを主人公に投影した愛をめぐるドラマ。日本で撮影され遺作となった。

 


« 前ページへ

ページの先頭へ