トップページ > 最新情報(ブログ)
最新情報

最新情報カテゴリー 4月, 2017

【終了】【4/5(水)ゲスト・トークあり】4/1(土)公開『狂い咲きサンダーロード』

伝説の爆走映画が、最高画質リマスター版で完全復活!

狂い咲きサンダーロード

オリジナルネガ・リマスター版


4/1(土)~4/14(金)
連日20:25-


ゲスト・トーク決定!

 

 ◆ゲスト・トークがございます◆
4/5(水) 20:25- (上映後)
登壇ゲスト
 石井 岳龍(ex.聰亙)監督
渋川清彦さん(俳優)
 ※登壇者は、予告なく変更になる場合がございます。予めご了承お願い致します。
  石井 岳龍 (ex.聰亙)gakuryu ishii

1957年、福岡県出身。日本大学芸術学部入学後、8mm映画『高校大パニック』(79)でデビュー。『狂い咲きサンダーロード』(80)、『爆裂都市BURST CITY』(82)で熱狂的な支持を得て、ジャパニーズ・ニューウェイブの急先鋒となる。また84年に発表した『逆噴射家族』がイタリアの第8回サルソ映画祭グランプリを受賞。その後『エンジェル・ダスト』(94・バーミンガム映画祭グランプリ)、『水の中の八月』(95)、『ユメノ銀河』(97・オスロ映画祭グランプリ)と次々と作品を発表し、時代劇大作『五条霊戦記 GOJOE』(00)、『ELECTRIC DORAGON 80000V』(01)など、スピード感溢れ、疾走する映像で観客を圧倒した。2010年に石井聰亙から岳龍に改名。


渋川 清彦 Kiyohiko Shibukawa

1974年 群馬県渋川市生まれ。モデル活動を経て、豊田利晃監督の『ポルノスター』(98)で映画デビュー。近年の主な出演映画に『そして泥船はゆく』(14)、『ソレダケ/that’s it』(15)、『お盆の弟』『モーターズ』(15)、『下衆の愛』(16)など。公開待機作には、主演作『榎田貿易堂』などがある。また、地元・渋川市の観光大使を務める一方、サイコビリーバンド“DTKINZ ドトキンズ”のドラムとしても活動中。

続きを読む

« 前ページへ

ページの先頭へ