トップページ > 最新情報(ブログ)
最新情報

最新情報カテゴリー 11月, 2017

【終了】【11/23(木・祝)ツキダタダシさんトークショーあり!】ももいろクローバーZ ジャパンツアー「青春」京都公演開催記念上映 『幕が上がる』

2017/11/23 thu.
open/15:35 start/15:45


ももいろクローバーZ


ジャパンツアー「青春」京都公演開催記念上映

 

『幕が上がる』上映
+
ツキダタダシさんトークショー

(『幕が上がる』挿入歌「行く春来る春」作曲者)


全国47都道府県を巡るライブツアーの第2シーズンを開始するアイドル・グループ「ももいろクローバーZ」。11/26 (日)開催の京都公演に合わせて、高校演劇部を舞台としたグループ主演作を上映!
まずは映画館で盛り上がりましょう!


山田うどんさんパンチ販売決定!!

♣️当日15:00よりロビーにて販売致します♣️

※数量限定となりますので、売切れの際は何卒ご容赦ください。


 

 

ツキダタダシ Tadashi Tsukida
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
’98~’01にかけてバンド”レイモンズ”のギター、ヴォーカルとして活動。 当初フォーキーで叙情的なギターポップバンドだったが徐々に自宅録音で 音を作り込んだ内省的、音響的なアプローチへと変化。 この頃より自らエンジニアリング、ミキシング等を手掛けるようになり、 ほぼ全ての作詞、作曲、編曲、プロデュースを担当。 得意ジャンルはアコースティック、ロック、パンク、テクノ、エレクトロ系等。
■楽曲提供
ももいろクローバーZ
オレンジノート/コノウタ/行く春来る春/何時だって挑戦者/Ring the Bell/overture~Twinkle5参上!!~/TwinkleWink

 

 

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

続きを読む

【終了】【11/25(土)ゲストトークあり】11/22(水)公開!『日曜日の散歩者』



2017/11/22 (水) 公開!

 

 


日本語で新しい台湾文学を作ろうとした、僕たちの時代。


日曜日の散歩者


わすれられた台湾詩人たち

 

 

ゲストトーク決定!

〈登壇者〉
◆11/25(土)10:00の回上映後、トークイベント
季村敏夫さん(詩人)

戦前神戸の詩壇に詳しい詩人の季村敏夫さんを招いてトークイベント(60分予定)になります。

 

 

 


「日曜日の散歩者 わすれられた台湾詩人たち」
2015年/台湾/162分/カラー/DCP/5.1ch
監督:黃亞歷(ホアン・ヤーリー)
エグゼクティブプロデューサー:閻鴻亞(イェン・ホンヤー)
プロデューサー:黃亞歷(ホアン・ヤーリー)
張紋佩(チャン・ウェンペイ)、張明浩(チャン・ミンハオ)
公式サイト⇒https://sunpoday.com/
©2017 Roots Fims Fishsa Media All Rights Reserved.

 


1933年、日本統治下の台湾――。 僕たちは日曜日、台南の街を散歩しながら詩を語る。
1930年代、日本による植民地支配が40年近く経過した、日本統治期の台湾。古都・台南で、日本語で詩を創作し、新しい台湾文学を創りだそうとした、モダニズム詩人団体、「風車詩社」。植民地支配下で日本語教育を受け、日本留学をしたエリートたち。日本近代詩の先駆者であり世界的評価を得ているモダニスト西脇順三郎や瀧口修造をはじめとする、日本文学者たちから刺激を受け、日本文学を通してジャン・コクトーなどの西洋モダニズム文学に触れる中で、若きシュルレアリストたちの情熱が育まれていった。日本語で新しい台湾文学を生み出そうとした彼らは、戦後の二二八事件、白色テロなど、日本語が禁じられた中で迫害を受けていく。植民地支配、言論弾圧という大きな時代の渦の中に埋もれていった創作者たち。その情熱は現代を生きる私たちに、何を問いかけてくるのか。

 


鑑賞料金

一般/1,800円 学生/1,000円 シニア/1,100円
月曜マン・デイ/男性のお客様 1,100円
火曜ペア割引き(男女問わず お二人で)/2,200円
水曜レディース・サービス1,100円

【終了】【11/18(土)オールナイト上映】Directed by 岩井 俊二

2017/11/18 sat.
open/21:45 start/22:00 (6:35終了予定)


当日券販売あり 一般/2,800円 学生/2,500円


Directed by 岩井 俊二


Directed byシリーズ第5弾は、映画監督としてのみならず、小説・音楽などマルチな分野で才能を発揮する岩井俊二。孤高なる美意識と世界観で国内外の観客を魅了し続ける“岩井ワールド”をご堪能あれ!

スワロウテイル|リリイ・シュシュのすべて|リップヴァンウィンクルの花嫁

       

●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●

 



続きを読む

【終了】【舞台挨拶あり】11/12(日)公開!『海の彼方』

 

 

 

11/12(日)公開!

 

-人生最後の里帰りの旅-

海の彼方

 

 

舞台挨拶決定!

〈登壇者〉
◆11/12(日) 12:00の回-上映後

 黄インイク監督

 

 

 

 

―黄インイク(黄胤毓/Huang Yin-Yu/コウ・インイク)―

台湾・台東市生まれ。台湾政治大学テレビ放送学科卒業、東京造形大学大学院映画専攻修士を取得。

2010年ドキュメンタリー作品のデビュー作『五谷王北街から台北へ』を発表、この映画は台湾の出稼ぎタイ人労働者をテーマとした人類学映画であり、杭州アジア青年映画祭「アジアの光」青年短編コンペティション部門、北京インディペンデント映画祭などの映画祭に出品される。

2013年、私的なドキュメンタリー『夜の温度』がスイス・ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭国際コンペティションに招待され、ブエノスアイレス国際ドキュメンタリー映画祭国際コンペティション、杭州アジア青年映画祭、台北映画祭最優秀ドキュメンタリー賞にノミネートされる。

2014年、河瀬直美がアートディレクターを務めた、奈良国際映画祭とスイスジュネーブ芸術大学の共同映画制作プロジェクト「Grand Voyage:壮大な航海」に参加。短編ドキュメンタリー『杣人』を制作。

2015年、映画製作会社「木林映画」を台湾で設立。沖縄を拠点に、戦前からの台湾移民や殖民関係などのテーマをシリーズとしたドキュメンタリープロジェクト『狂山之海』の制作を開始。企画『狂山之海』が2015年ベルリン国際映画祭主催の若手映画製作者向けプログラム「ベルリナーレ・タレンツ」(Berlinale Talents)のドキュメンタリー企画部門「ドック・ステーション」(Doc Station)に選出される。制作中のドキュメンタリー企画『緑の牢獄』がスイス・ニヨン国際ドキュメンタリー映画祭のピッチング・セッションで大賞を受賞。

2016年、沖縄台湾移民の長編ドキュメンタリー映画第一弾『海の彼方』が台北映画祭2016にノミネート。

 

「海の彼方」
2016年|日本・台湾|カラー|123分|16:9|5.1ch|DCP|ドキュメンタリー|原題:海的彼端
監督・プロデューサー:黄インイク|共同プロデューサー:山上徹二郎、劉蔚然
製作:木林映画|共同製作:シグロ、Atom Cinema
公式サイト⇒https://uminokanata.com/
Ⓒ 2016 Moolin Films, Ltd.

 

~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~~・~

 

「1930年代 石垣島へ渡った台湾移民 台湾人とも日本人とも認められず
時代に翻弄された ある一家の3世代にわたる人生と記憶の軌跡」

沖縄石垣島の台湾移民の歴史は、1930年代、日本統治時代の台湾からの農民の集団移民に始まる。その中に、玉木家の人々もいた。台湾から最も近い「本土」だった八重山諸島(石垣島を含む10の島々)で、88歳になる玉木玉代おばあは、100人を超す大家族に囲まれていた。そして米寿を迎えたおばあは娘や孫たちに連れられて長年の願いだった台湾への里帰りを果たす。しかし、70年の歳月がもたらした時代の変化は予想以上に大きく…。ある台湾移民一家の3世代にわたる人生に光を当てることで、複雑な経緯を歩んできた東アジアの歴史を越え、記憶の軌跡と共に人生最後の旅を辿る。歴史に翻弄されながらも生き抜いてきた玉木家の「家族愛」にも迫り、観る者に忘れていたものを思い出させてくれる。

 

 

鑑賞料金
一般/1,800円 学生/1,000円 シニア/1,100円
月曜マン・デイ/男性のお客様 1,100円
火曜ペア割引き(男女問わず お二人で)/2,200円
水曜レディース・サービス1,100円

 

【終了】【舞台挨拶あり】11/11(土)公開!『AMY SAID エイミーセッド』



2017/11/11 (土) 公開!

 みんな、映画が好きだった。

AMY SAID

エイミー セッド

 

舞台挨拶決定!
村上淳さんの登壇が急遽決定致しました!

〈登壇者〉
◆11/11(土) 18:45‬の回上映後

三浦誠己さん渋川清彦さん山本浩司さん村上淳さん

☆舞台挨拶後、物販をご購入の方を対象にサイン会も有り!

                                     
【料金】
一般1,500円、シニア1,100円、会員・学生1,000円

<割引サービス>
11/11(土)舞台挨拶回は招待券の使用不可
その他、割引サービス可

<劇場窓口でのご購入について>
当日9:00開館時より窓口にて当日券販売開始。
前売り券をお持ちのお客様も、
劇場窓口にて舞台挨拶回の整理番号付入場券にお引き換えください。

                                     

         
  三浦誠己
1975年 和歌山県生まれ。『岸和田少年愚連隊』(96)で映画デビュー。同年にお笑いコンビ「トライアンフ」を結成。その後、本格的に俳優へ転身。代表作に『きょうのできごと』(04)、『ニセ札』(09)、『アウトレイジ』『海炭市叙景』(10)、『人類資金』(13)、『木屋町DARUMA』(15)、『ディストラクション・ベイビーズ』(16)など多数。2017年は公開待機作に『関ヶ原』、『火花』がある。
 
   
  渋川清彦
1974年 群馬県渋川市生まれ。モデル活動を経て、豊田利晃監督の『ポルノスター』(98)で映画デビュー。近年の主な出演映画に『そして泥船はゆく』(14)、『ソレダケ/that’s it』(15)、『お盆の弟』『モーターズ』(15)、『下衆の愛』(16)など。公開待機作には、主演作『榎田貿易堂』などがある。また、地元・渋川市の観光大使を務める一方、サイコビリーバンド“DTKINZ ドトキンズ”のドラムとしても活動中。
 
     
  山本浩司
1974年 福井県生まれ。1999年に『どんてん生活』で映画デビュー。『ばかのハコ船』(02)、『リアリズムの宿』(04)などの山下敦弘監督の作品に主演し、注目を集める。以降も、数々の映画やテレビドラマに出演。近年の代表作に『外事警察』(12)、『Seventh Code』『魔女の宅急便』(13)、『ジョーカー・ゲーム』(15)、『断食芸人』(16)などがある。今後の活動として、赤堀雅秋氏の新作舞台(7月22日〜8月13日公演)への出演が決定している。
 
         
  村上淳
1973年 大阪府生まれ。1995年映画「右向け左!自衛隊へ行こう」、2000年「ランデブー」で主演を務めた。2001年には第22回ヨコハマ映画祭で助演男優賞を受賞。2008年フジテレビドラマ「ハチミツとクローバー」花本修司役を演じる。2012年映画「Playback」、2015年毎日放送ドラマ「シメシ」で主演を務める。資生堂株式会社「ジェレイド」、トヨタ自動車株式会社「ist」のCMにも起用された。2016年には、MONKEY TIMERS「ALABAMA」のPV、映画「太陽」、2017年「PとJK」、「月と雷」に出演するなど、幅広く活躍している。
 
         

 

「AMY SAID」
2016年/日本/96分/ 1:1.85/5.1ch/ディケイド
監督・脚本:村本大志 脚本: 狗飼恭子
企画・製作:佐伯真吾
プロデューサー:関友彦/田中和磨
公式サイト⇒http://www.amy-said.com/
©2017「AMY SAID」製作委員会

大人の青春群像劇。
映画研究会の仲間9人。その中のエミ(柿木アミナ)がある日突然彼らの人生からいなくなって20年。彼女の命日に、久しぶりに集まったのは、パン屋を営む朝田(三浦誠己)、無農薬野菜をつくる飯田と直子(渋川清彦、中村優子)、売れない俳優岡本(山本浩司)、キャリアウーマンの美帆(石橋けい)、 介護士の五島(松浦祐也)、IT会社を経営する木塚(テイ龍進)。「わたし本当は知ってるの、エミが死んだ理由。ずっとみんなに言いたかった」突然の直子の言葉に、それぞれの中で止まっていた時間が動き出す。

 


 
アレハンドロ・ホドロフスキー特集 #2『ホーリー・マウンテン』

 


ホーリー・マウンテン

 

THE HOLY MOUNTAIN

 

12/5[火]16:10 | 9[土]16:00 | 14[木]16:00 12/2[土]オールナイト
 

1973年/アメリカ、メキシコ/113分/ハピネット
監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
製作:アレン・クライン 撮影:ラファエル・コルキディ
音楽:アレハンドロ・ホドロフスキー、ホラシオ・サリナス
出演:アレハンドロ・ホドロフスキー、ホラシオ・サリナス、ラモナ・サンダース、アリエル・ドンバール、ホアン・フェラーラ、アドリアナ・ペイジ

カルト・ムービーファンから圧倒的な支持を集め、世界中に数多くの熱烈な信者を持つアレハンドロ・ホドロフスキー。彼の代表作『エル・トポ』と並び、長年に渡り根強い人気を博すのが、『ホーリー・マウンテン』である。 「私は預言者なのかもしれない。いつの日か、孔子やマホメッド、釈迦やキリストが私の元を訪れることを想像することがある」本作の撮影中にホドロフスキーは自身についてこう語っている。錬金術師として劇中に登場する彼は、この言葉のように不死を求める弟子たちを時に優しく、時に厳しく導いていく。その修行の過程は、狂気とエロスに溢れ、サイケデリックで幻想的な世界が観るものを圧倒する。
©2007 ABKCO films

 

鑑賞料金:一般1,300円/シニア1,100円/学生1,000円

12/2[土]オールナイト上映
(エル・トポ/ホーリー・マウンテン/サンタ・サングレ/聖なる血)
一般3,000円/学生2,700円/前売り2,700円


 

アレハンドロ・ホドロフスキー特集 #3 『サンタ・サングレ/聖なる血』

 


サンタ・サングレ/聖なる血

 

SANTA SANGRE

 

12/7[木]16:10 | 10[日]16:00 | 15[金]16:00 12/2[土]オールナイト
 

1989年/イタリア、メキシコ/122分
監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
出演:アクセル・ホドロフスキー、ブランカ・グエッラ、ガイ・ストックウェル、サブリナ・デニソン

サーカスを舞台にした血まみれのメロドラマ。サーカスで育った少年フェニックスは父の浮気と、それにはじまる父母の喧嘩で母が傷つけられるのを目撃し、深いトラウマを抱く。フリークや身体損傷、カーニバルといったホドロフスキーお得意のテーマが明快な復讐物語の枠にきれいにおさまっている。
(c)INTERSOUND PRODUCTIONS S.r.l. 1989, ALL RIGHTS RESERVED.

 

鑑賞料金:一般1,300円/シニア1,100円/学生1,000円

12/2[土]オールナイト上映
(エル・トポ/ホーリー・マウンテン/サンタ・サングレ/聖なる血)
一般3,000円/学生2,700円/前売り2,700円

※画像をクリックすると作品詳細・上映日程がご覧いただけます。

 

アレハンドロ・ホドロフスキー特集 #4『ホドロフスキーのDUNE』

 


ホドロフスキーのDUNE

 

JODOROWSKY’S DUNE

 

12/4[月]19:45 | 12[火]16:00 
 

2013年/アメリカ/90分/英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語/カラー/16:9/DCP 
プロデューサー・監督:フランク・パヴィッチ 共同プロデューサー:ミシェル・セドゥー
撮影監督:デイヴィッド・カヴァロ 編集:アレックス・リッチアーディ、ポール・ドカティ
作曲:カート・ステンゼル 制作・音声スーパーバイザー:デーモン・クック
音響スーパーバイザー:ジェシー・フラワー=アンブロッチ
アニメーター:シド・ガロン 3Dアニメーション:ポール・グリズウォルド
配給:アップリンク、パルコ 宣伝:アップリンク
出演:アレハンドロ・ホドロフスキー、ミシェル・セドゥー、H・R・ギーガー、クリス・フォス、ブロンティス・ホドロフスキー、リチャード・スタンリー、デヴィン・ファラシ、ドリュー・マクウィーニー、ゲイリー・カーツ、ニコラス・ウィンディング・レフン、ダイアン・オバノン、クリスチャン・ヴァンデ、ジャン=ピエール・ビグナウ

これは、世界を変えた未完の大作をめぐる、あなたに勇気を与える映画。

ホドロフスキーの『DUNE』は、1975年にホドロフスキーによって企画されたSF大作で、スタッフにバンド・デシネのカリスマ作家メビウス、SF画家のクリス・フォス、『エイリアン』『トータル・リコール』の脚本で知られるダン・オバノン、画家、デザイナーのH・R・ギーガー、キャストにサルバドール・ダリ、ミック・ジャガー、音楽にピンク・フロイド等、驚異的な豪華メンバーを配するも、撮影を前にして頓挫した。 84年にデヴィッド・リンチによって『デューン/砂の惑星』が制作され、ホドロフスキーの『DUNE』は幻の作品となってしまったが、後に、ダン・オバノンは、ここで集めたスタッフを再集結させ、『エイリアン』(リドリー・スコット監督)を企画するなど、その後の映画界に多大な影響を与えた。 本作は、ホドロフスキー、プロデューサーのミシェル・セドゥー、ギーガー、レフン監督等のインタビューと、膨大なデザイン画や絵コンテなどの資料で綴る、映画史上最も有名な“実現しなかった映画”、ホドロフスキー版『DUNE』についての、驚愕、爆笑、感涙のドキュメンタリー!

「『DUNE』はこの世界では夢だ。でも、夢は世界を変える」――アレハンドロ・ホドロフスキー

公式サイト ⇒ http://www.uplink.co.jp/dune/

© 2013 CITY FILM LLC, ALL RIGHTS RESERVED

 

鑑賞料金:一般1,300円/シニア1,100円/学生1,000円

12/2[土]オールナイト上映
(エル・トポ/ホーリー・マウンテン/サンタ・サングレ/聖なる血)
一般3,000円/学生2,700円/前売り2,700円

※画像をクリックすると作品詳細・上映日程がご覧いただけます。

 

 

アレハンドロ・ホドロフスキー特集#5『リアリティのダンス』

 


リアリティのダンス

 

THE DANCE OF REALITY

 

【追加上映決定】12/18[月]– 12/24[日] 
12/2[土]19:45 | 12/6[水]16:10 | 12/11[月]16:00 
 

2013年/チリ・フランス/133分/スペイン語/アップリンク、パルコ
監督・脚本:アレハンドロ・ホドロフスキー
プロデューサー:ミシェル・セドゥー 音楽:アダン・ホドロフスキー
衣装デザイン:パスカル・モンタンドン=ホドロフスキー
原作:アレハンドロ・ホドロフスキー『リアリティのダンス』(文遊社)
出演:ブロンティス・ホドロフスキー(『エル・トポ』)、パメラ・フローレス、イェレミアス・ハースコヴィッツ、クリストバル・ホドロフスキー、アダン・ホドロフスキー

世界、そして自分。軍事政権下のチリで生きる少年は、どんな夢を見るのか? 自身の少年時代を描いた、幻想的で美しい人間賛歌。 1920年代、幼少のアレハンドロ・ホドロフスキーは、ウクライナから移民してきた両親と軍事政権下のチリ、トコピージャで暮らしていた。権威的で暴力的な共産主義者の父と、アレハンドロを自身の父の生まれ変わりと信じる母に愛されたいと願いつつも大きなプレッシャーを感じ、また、ロシア系ユダヤ人であるアレハンドロは肌が白く鼻が高かったため、学校でも「ピノキオ」といじめられ、世界と自分のはざまで苦しんでいた…。 青い空と黒い砂浜、サーカスに空から降ってくる魚の群れ、青い服に赤い靴。映画の中で家族を再生させ、自身の少年時代と家族への思いを、チリの鮮やかな景色の中で、現実と空想を瑞々しく交差させファンタスティックに描く。

公式サイト ⇒ http://www.uplink.co.jp/dance//

(C) photos Pascale Montandon-Jodorowsky (C) “LE SOLEIL FILMS” CHILE・“CAMERA ONE” FRANCE 2013

 

鑑賞料金:一般1,300円/シニア1,100円/学生1,000円

12/2[土]オールナイト上映
(エル・トポ/ホーリー・マウンテン/サンタ・サングレ/聖なる血)
一般3,000円/学生2,700円/前売り2,700円

※画像をクリックすると作品詳細・上映日程がご覧いただけます。

 

 

アレハンドロ・ホドロフスキー特集 #1『エル・トポ』

 


エル・トポ

 

EL TOPO

 

12/3[日]19:45 | 8[金]16:10 | 13[水]16:00 12/2[土]オールナイト
 

1970年/アメリカ、メキシコ/124分 
監督・脚本・音楽・美術:アレハンドロ・ホドロフスキー
製作:アレン・クライン 撮影:ラファエル・コルキディ
出演:アレハンドロ・ホドロフスキー、ブロンティス・ホドロフスキー、デヴィッド・シルヴァ、ポーラ・ロモ、マーラ・ロレンツォ、ロバート・ジョン

1971年1月1日ニューヨークのエルジンにて何の宣伝もされないまま『エル・トポ』深夜興行はスタートした。 のちに、ミッドナイト・シネマ・カルトの先駆けとなる本作は、瞬く間にニューヨークを熱狂の渦に巻き込み、歴史的ロングランを記録。観客の中にはミック・ジャガー、アンディ・ウォーホールら当時の最先端をいくアーティストたちの姿が見受けられ、『イージー・ライダー』を撮り終えたばかりの、デニス・ホッパーとピーター・フォンダは次回作への出演の意思表示をした。なかでも、ジョン・レノンは劇場に4回足を運ぶほど惚れ込んで、本作と次回作の独占配給権を買い取ったほどの熱狂ぶりであった。 「もしフェリーニが西部劇を、クロサワがキリスト映画を撮ったらこうなったであろう。」と称され、その圧倒的世界観はすべての常識を超えていた。
©2007 ABKCO films

 

鑑賞料金:一般1,300円/シニア1,100円/学生1,000円

12/2[土]オールナイト上映
(エル・トポ/ホーリー・マウンテン/サンタ・サングレ/聖なる血)
一般3,000円/学生2,700円/前売り2,700円

※画像をクリックすると作品詳細・上映日程がご覧いただけます。

 

 

« 前ページへ次ページへ »

ページの先頭へ